guitar base vio

管楽器の場合

クラシックにかぎらず、趣味としても楽しまれている楽器の一つに管楽器が有ります。
サックスやトロンボーン、トランペットやフルートを始めとしたこれらの楽器は、その楽器の特性上トラブルが起こる可能性は十分あります。
特に、金管を利用している場合はその問題に直面するリスクは大きいです。
最近では、クラシック等のみならずロックの分野にもホーンセクションとして進出している関係もあり、機材にとっては過酷な環境で取り扱われるケースも増えてきています。
ですから、万が一のトラブルに対応できるパートナーを知っておくことが大切です。

機材によっての違い

ホーンセクションに利用される機材は、生音を発するための機材であるがゆえにそれぞれに特性が違います。
よって、破損やメンテナンス等に対応するための修理方法も、機材ごとの選択を行うことが有ります。
ですから、可能な限り様々なホーンセクションに通じている業者に相談するほうが良いと考えられます。

フルートとサックスでは根本的に構造から違います。
サックスの中でも、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、これらの種類によって何かと話が変わってきます。
オーバーホールを依頼することも出来るため、なんだかいつもと違うと感じるようになった段階で相談するのが良いです。