guitar base vio

パーカッションの場合

パーカッションを始めとした打楽器全般に共通することとして、機材のコンディションそのものが良くないとちゃんと音が出ないという部分に気を配る必要があります。
他の楽器でも同じですが、生音をそのまま発信する楽器であるがゆえに、打つためのマレット類や、機材自身のコンディションが悪いとどうしようもありません。
使っていくうちに劣化していくものですから、定期的にメンテナンスを行っていくような修理が主な対応であるといえます。

マレットの手入れ

ギターを弾くためのピックが削れていってだんだんと弾きにくくなっていくのと同じように、打楽器のマレットも劣化をしていきます。
ドラムセットにおいて利用するスティックが削れて左右の重量バランスやピッチ感が変わるように、マレットもバランスやアタック感などの出音が変わります。
マレットは、定期的にフェルト部分を巻き直すようなメンテナンス修理を施すことによって見違えるほど蘇ります。
左右のストロークを見直すことは当然重要ですが、時にはマレットそのものを修理してみることも重要です。