guitar base vio

楽器修理は職人の手で

いつかは不具合が出てくる

決して安い買い物では楽器の購入。どうしてもその楽器が欲しくてたくさん働いてお金を貯めて購入した・・・なんて経験がおありの方もいらっしゃるかもしれません。そのような経験を経て手にした楽器は、何があってもずっと大切に使っていたいと思われる方がほとんどだと思います。しかしながら人の手によって演奏される楽器は、時間が経つとどうしても何かしらの不具合が出るもの。そんなとき、なるべくお金をかけないためにも、ご自分でできるところは楽器の修理をしてしまいたい、とお考えになる方も多いかとは思いますが、日頃のお手入れなどのメンテナンスや簡単な修理は除いて、やはり専門の業者の方に楽器の修理をお願いしたほうが良いといえます。

楽器リペアスタッフと呼ばれる職人

楽器は見た目には分からない複雑な構造をしているものが多く、そのようなことに関して専門的な知識を持っていないと、正確な楽器の修理をすることはやはり難しくなってきてしまいます。特に管楽器を修理する職人になるためには、工房に弟子入りして学ぶという方法もありますが、自分で知識などを身につけていることが前提である場合もあり、そうでない場合には楽器リペアを学べる専門学校などで学ぶことが必要になってきます。楽器の構造に精通し、楽器の修理や調整の技術を身につけることはもちろん、実際に自分で音を出して微妙な違いなどを聴き分けられないといけないので、そのために演奏技術も会得してなければならないからです。

職人技が光る業者を探す

楽器の修理を依頼する際、このように職人技を持っているような専門の業者を選ぶことで、壊れていた楽器が見違えるほどに生まれ変わったり、また自分の希望どおりの音を鳴らせる楽器に改造してもらえたりすることがあります。そういった楽器の修理業者を探すときには、インターネットの口コミサイトや比較サイトなども利用して、実際に依頼した方の体験談を参考にしてよく吟味して選定するようにしましょう。