guitar base vio

楽器の修理について

楽器の修理を自分でやるか業者にお願いするか

長年愛用していた楽器を修理する必要性が出てくると思います。
楽器と言うのは結構デリケートにできていますので、
ちょっとでも乱暴な扱い方をしてしまったり、
誤って壁や床にぶつけたりしてしまうと、
すぐに故障してしまうことは珍しくないのです。
もし、楽器を修理しなければならなくなった時、
ご自分で楽器を修理するか、
専門業者に楽器の修理をお願いするか迷われる方もいらっしゃるかと思います。
確かにご自分で楽器を修理する方法はないわけではありません。
でも、楽器を修理するにあたって、
ある程度の予備知識を頭に叩きこんでおく必要がありますし、
知識がないまま楽器の修理に挑むと、
余計な失敗を招いてしまう可能性があるので、
できれば、楽器の修理は専門業者にお願いすることをオススメいたします。
楽器の修理を専門とした業者はたくさんありますので、
お近くに楽器の修理業者がいましたら、お願いしてみましょう。

心掛けを持つことも大切です

楽器の修理は早いに越したことはありませんが、
そのような事態にならないよう、
普段心掛けを持っておくことも大切です。
そうすれば、楽器が故障する確率は低くなるかと思いますので、
これからご紹介することを、是非ご参考になさってください。

風がよく通るところに干す:エレキギター編

エレキギターは長く湿気を吸い込むと、重い音が鳴るようになります。
これを避けるために、
まずは風がよく通るところに干しておくようにしましょう。
そうすれば、良い音質を保つことができると思います。
ただ、太陽の日差しが直接当たると板の状態を悪くしてしまうので、
それは止めましょう。